気密とは?【暖かい家のための気密】

こんにちは、ととです。
今日は気密のお話です。

モーソー記ではとと家が将来建てたいと思う家づくりの妄想を綴ります。ゆくゆくはこのモーソー記を経て、理想の家を建てることを目指しています。

目次

前回のあらすじ

家づくりのモーソーが本格的にやっとスタートし、とと家は断熱性能をUA値0.4程度を目標にすることが決まった。

断熱性能だけでだめです。

断熱性能についてはよく語られるケースが増えてきました。

とと家もとりあえずUA値0.4くらいを目指そうかなって今のところ考えています。

ユーエー値0.4でも難しそうね。

お金との相談かもね・・・

そこがいちばん問題じゃぁ・・・

しかし、断熱性能だけをこだわっても暖かい家にはならないんです。

断熱とセットで考える必要があるのが家の気密性です。

こんなことが分かります。
  • 家の気密とは?
  • 気密性を表すC値とは?
  • 目指すべきC値とは?
  • とと家が目指すC値とは⁉︎

最後のはちょっと・・・。

気密とは

気密性=家のすきまの少なさ

気密性とは、家のすきまの少なさのことを指します。気密性がを高くすることですきまの少ない家になります。

  • 気密性が高い=家のすきまが少ない
  • 気密性が低い=家のすきまが多い
冬の実家って寒くなかったですか?

とと家の実家はめっちゃ寒かったです。

私の実家は一軒家だったのですが、どこからともなく風が入ってくるし、めっちゃ寒かったです。えっ、ほぼ外やん!!ってよく思ってました(笑)。

今思えば、結局のところ気密性がよくなかったんだと思います。

気密性はなぜ必要か。

そもそも気密性が必要な理由は2つあります。

①家の断熱性能を十分に発揮させる。
②家の換気性能を十分に発揮させる。

①は前述のとおりですが、②も重要です。

住宅は窓を開けなくても、換気扇で24時間換気されています。

厳密に言うと、換気されていることになっています。

家の中の空気をきれいにすることは健康にもすごく重要で、コロナ禍の昨今においては換気の大切さを皆さんも認識されていると思います。

家のすきまが大きいと十分な換気がされず、家全体の空気がきれいになりません。

家の空気が滞留してしまって、うまく換気できないんです。

換気においても、気密性を高くすることが大切になってきます。

C値とは

しかし、気密性に関しては気密等級のような言葉はありません

じゃあ、どうすればいいの?

ハウスメーカーのHPにも記載されておらず(メーカーによってはあります)、私たちが意識して気密性のことを考えなければなりません。

断熱性能と同じで家の気密性に関しても数値で表すことができます。

それがC値(シーチ)とよばれるものです。

家の気密性を数値化すと、

C値(すきま相当面積[cm2/m2])
= 家全体のすきまの合計[cm2]/建物の延べ床面積[m2

分かりにくいですが、C値が小さいほど家のすきまが少なくて良いです。

シーチも小さい方がいいのね。

C値のイメージです。C値が5.0だと、ハガキ5枚分のすきまが家にあることに相当します。

ちなみに、一条工務店なら0.59だそうです。すごい。

出典:一条工務店

ではどこまでC値を小さくすればよいでしょうか?

これに関しては前述のように気密等級など定められた基準はほぼありません。

過去に国が定めていたものはC値5.0と論外です。

基準がないならどうするの?

参考にするデータとしてはこれです。

気密性能と換気量

結論から言うと、「暖かい家」を建てるために、最低でもC値は1.0以下を目指しましょう!

目指すところはC値は0.5くらいを目指したいです!!

C値0.5って難しい⁉︎

C値にはこだわりたいところですが、前述のようにC値は大手ハウスメーカーでもあまり言及されていない項目です。

そのためC値をこだわることは場合によってはかなりきついと思います。

住宅会社によってはそれは出来ないと断られるかも知れません。

「いやいや、そんなとこまで目指さなくても暖かい家は建ちますよー」って言われても、「そんなもんかな・・・。」って絶対思わないで下さい。

C値を小さくするには、メーカーの技術力が必要。

C値は職人さんの腕の見せどころなんです。

C値を小さくできないのは技術力がないからです。

そんなとこまで目指さなくても大丈夫なのではなく、目指せないケースが多いと思います。

C値は実測する。

C値は実測してもらいましょう。

営業マンに「C値は実測してもらえますか」って聞いてみてください。その答えによっては住宅会社を変えた方がいいかもしれません。

C値は測定してもらえますか?

・・・。

これはだめなのね。

見てくださいよ。この禍々しい装置を。その姿は、まるでロケットランチャー。

大阪市で高気密な注文住宅
気密測定

出典:リーフアーキテクチャ

すごい機械やなぁ・・・。
ここまでしないとダメなのね。

C値は実測してもらって、0.5以下を目指しましょう!!

「工務店 C値 実測」などで検索すれば、実測してる住宅会社はHP内の実測した様子や結果をブログに載せてます。

しかも、値も〇〇が出ました!なんて書いてますので、このくらいはC値を出せるんだなぁとひとつの目安になると思います。

とと家が目指すC値

そして、最後にとと家のお話です。

とと家はC値0.5程度を目指します!!

なんだかよくわからないけど、とりあえず0.5ね。

今日のおはなしは以上です。

#006へ 見学会にいきました。

良かったら、ポチッと応援してください。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる