気密とは?【4つのメリットとC値を徹底解説】

こんにちは、ととです。

皆さんは家の気密性をご存知でしょうか?

断熱は知ってるけど、気密はよく知らないっていう方が多いのではないでしょうか。

気密って何?
気密のメリットを教えて!!

こんな疑問にお答えします。

この記事では以下のことが分かります。

本記事の内容
  • 気密性とは
  • 気密のメリット4つ
  • 気密性のC値とは
  • 気密測定の方法や費用

断熱にはこだわる方も多くなってきましたが、気密性は語られるケースがまだまだ少ないです。

しかし、せっかく断熱をこだわっても気密をおろそかにすると充分な断熱性能を得られません。

残念なことに気密はハウスメーカーでもあまりオープンにされてないのが現状です。

理由は3つ。

  • 国が基準を定めてないから。
  • ハウスメーカー側が気密性を管理するのが難しいから。
  • 家を買う側が知らないから。

国は基準を定めてはいませんが、気密性に関しても施工において充分に注意する事としています。

特に問題なのは、やはり私たちに知識がないから。

10分もかからないので、35年分の後悔がないように、ぜひ最後まで読んで下さい。

それでは早速いきましょー。

目次

気密性とは

気密性が高い=家のすきまが小さい

すきま?なんのことだ?

この一行だけだと分かりにくいので、少しずつ解説していきます。

言葉で説明しろと言われるとなかなか難しいですが、そもそもの気密性の意味を調べると、

気密性とは・・・

密閉した気体が外部に洩れない、または減圧した内部に気体が流入しない性質を言う。

引用:Wikipedia

後半が分かりにくいですが、つまり気密性とは室内の空気をいかに外部に出さないかということ。

窓閉めればいいんじゃないの??

窓を閉めても室内の空気は外にスースー漏れています。
漏気(ろうき)です。

気密の低い家だと・・・

  • 寒い家で考えると分かりやすです。

家にいて窓を閉めてるのに、どこからともなく風が入ってくることなかったですか?

私の実家も特に冬はすきま風が入ってきて、ほぼ外やんって思ったことがよくありました。

つまり、私の実家は気密性が低かったんだと思います。皆さんの家はどうでしょうか?

それは残念だね。

コンセントや照明のスイッチの近くを触ってみてください。場所によってはスースーと風が入ってきます・・・。

気密性を高める4つのメリット

結論としては、気密性が高いと以下のメリットがあります。

高気密住宅の4つのメリット
  1. 室内の快適性が良くなる。
  2. 断熱性能を充分に発揮できる。
  3. 壁の中の柱を腐食から避けられる。
  4. 換気性能を充分に発揮できる。

専門的な話になりますが、「住宅の改正省エネルギー基準の建築主の判断基準と設計・施工指針の解説」にも以下が記載されています。

気密性の確保は以下の1〜4を示す目的を有するものであり、引き続き重要であるため、設計及び施工にあたっては十分に注意する。

1.漏気負荷を減らし省エネルギー化と室内温度環境の快適性の向上を図る。
2.壁体通気を抑制し、断熱性能の低下を防止する。
3.壁内結露を防止する。
4.計画換気の性能を保持する。

引用 :日本サステナブル建築教会(JSBC)

なんか、いきなり難しくなった・・・。

ここでは高気密住宅の4つのメリットを何となく理解できればOK

もう一つ重要なことは前文です。「気密性は重要だから十分に注意してね」と、しっかり書いてるんです!!

そもそも普通に生活してたら、家の気密性なんて知らないですよね⁉︎気密性のことばを知らないまま家を建てる方も多いと思います。

でもちゃんと文書にして重要だよって言ってくれてるんですよ。

やっぱり私たち施主が家づくりの勉強をしないと、本当に大切なことは誰も教えてくれないんですよね。

頑張って勉強しなきゃね。

それでは話を戻して、それぞれのメリットについて簡単に解説していきます。

もっと具体的に気密のメリットについて解説していきます。

①室内の快適性が良くなる。

これは最初に言った私の実家の話とは逆の話です。気密性が低いと室内の空気が外に逃げて寒くなる。

寒いと快適でなくなりますし。

快適性が高いと・・・
  • 冬は寒くない。
  • 夏は暑くない。
  • 梅雨時もじめじめしない。
  • 家に居てなんか落ち着く。

いい事だらけだな。

こたつは快適性が高いってことね。

②断熱性能を充分に発揮できる。

せっかく断熱性能を高めても気密性が低いと断熱性が十分に発揮されません。

  • 断熱と気密のよくある例え

断熱や気密はよくダウンジャケットなんかで例えられます。

断熱が中のファーで気密がチャックやボタンのようなもの。

いくら質のいいファーを使っても、チャック閉めないと寒いですよね?

気密性が低い=コートのボタン全開状態。

ダウンジャケットのチャックを閉めようってのが気密性を高めるということなんです。

③柱の腐食を避けられる。

気密性が悪いとその湿気が壁の中に入ってしまって、壁の中の柱を腐らせてしまう恐れがあります。

気密性が高いと結露が防げるので、腐食を避けられます。

日本の住宅の平均寿命が少ないと言われていますが、これは高温多湿の環境が原因と言われています。

湿気には本当に注意が必要です。

④換気性能を充分に発揮できる。

換気もめちゃくちゃ重要です。

計画換気とは24時間換気することが建築基準法で決まっています。

ここで言う換気は窓を開けて行う換気ではなくて、換気扇による換気です。

計画換気をしないと室内の空気がどんどん汚くなります。

気密性が低いと室内の空気が滞留して効率よく換気できなくなり、新鮮な空気を取り込めなくなります。

成人が1日に吸う空気量はおおよそ1万リットルと言われていて、汚れた空気を吸い続けることは健康にもよくなことは納得できますよね。

気密性の高い家と低い家

気密性のC値とは

家の気密性の良し悪しを数値化したものがあります。それがC値(シーチ)とよばれるものです。

家の気密性を数値化すと、

C値(すきま相当面積)

単純に家全体のすきまを延床面積で割っているので、C値が小さいほど家のすきまが小さいということになります。

シーチは小さい方がいいのね。

  • C値が小さいほど高気密な家

C値をはがきに例えると・・・

C値=5だとはがき5枚分の面積のすきまが家にあること相当するみたいです。正直、「この例えってどうなんだ??」って思ってます。

C値=1だとはがき1枚分。やっぱり分かりにくい。

うん。

C値とはがき

出典:一条工務店

C値はいくつにすべきか?

ではC値は具体的にどの程度を目指すべきでしょうか。

残念ながら、今のところ気密性のC値に関する国が定める基準はありません。

H21年の改定で気密性能に関する判断基準の定量的にな基準は削除され、H 25年基準において気密性能に関しては定性的な基準が示されています。

気密性は重要って言っているのになぜ??

このことからもやはり気密性に関しては私たち施主がきちんと目指すべき目標を持っておくべきだと思います。

ひとつ参考にするデータはこれです。

気密性能と換気量
気密と給気量の関係

このデータからC値(横軸)が1でも給気口からの換気が50%しかできないということがわかります。残りの50%は家のすきまから空気が入ってくるということです。

C値が1.0以上となるとほぼ給気口からではなく、家中のすきまから空気が入ってます。これでは充分な換気は行えません。

  • 少なくともC値を1.0以下。
  • 目指すは0.5以下。

ハウスメーカーのC値は?

C値はハウスメーカーの実力で値が大きく変わってきます。

気密は測定してもらう。

大阪市で高気密な注文住宅
気密測定の様子

出典:リーフアーキテクチャ

実際の家のC値は計算では出せないので、C値は実測してもらいましょう。

  • C値は実測する。

費用の相場は?

費用の相場は1回50,000円程度です。第三者機関に依頼すると出張費などで+30,000~50,000円かかる場合があるので注意が必要です。

お高いぞ・・・。

  • 費用は1回50,000円程度。

気密測定のタイミングは?

気密測定のタイミングは?

中間測定(建設中)と完成後の2回あります。

気密測定は何回すればいい?

ベストなのは2回ともしましょう。1回の場合は中間測定にしましょう。

完成後の測定だけをしてしまって悪い数値がでても改善できません。中間測定後であれば改善の余地ありです。

施工会社が普段から気密測定をしていて、どの程度の数値がでるかある程度予想できるのあれば、完成後の1回だけでもいいかもしれません。

  • 気密測定は2回しよう。
  • 1回だけのときは建設中に測定しましょう。

まとめ

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

快適な家を建てるために気密性にもしっかりこだわりましょう。

まとめ
  • 気密性が高い=すきまの小さい家=快適な家
  • 気密性(C値)は0.5以下を目指しましょう。
  • 気密測定は測定してもらいましょう(1回5万程度)。

以上

良かったら、ポチッと応援してください。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる