気密性・C値ランキング2021【ハウスメーカー13社で比較】

最近、高性能住宅に興味がある方も多く、住宅の気密性(C値)についてもよく語られるようになってきました。

ですが、気密性を示すC値についてはハウスメーカーのホームページ上ではほとんど公表されていません。

なんで??
ハウスメーカーのC値はどれくらいなの?

この記事では、ハウスメーカーのC値ランキングや、そもそもなぜC値が公表されていないかを解説していきます。

とと

それでは早速いきましょー。

目次

気密性・C値のランキング

早速ですがハウスメーカーのC値ランキングです。

ホームページのC値は住宅のモデルによっても異なりますので、数値は参考までにお願いします。

スクロールできます
ハウスメーカーC値
ホームページ
C値
測定値(実測値)
一条工務店0.590.56
アイフルホーム0.610.16
スウェーデンハウス0.640.77
セキスイハイム2〜52.0
三井ホーム非公表0.46
タマホーム非公表0.5
住友林業非公表0.7
ミサワホーム非公表1.2
積水ハウス非公表1.3
ダイワハウス非公表1.6
トヨタホーム非公表1.8
パナソニックホームズ非公表3
ヘーベルハウス非公表
ハウスメーカーのC値ランキング

ほとんどが非公表なのね・・・。

愛犬

なぜだ?

表からも分かるようにほとんどのハウスメーカーがC値を公表していません。そのため、表には気密測定結果の数値を載せていますので、実際の測定結果と比較しながら確認してください。

アイフルホームとタマホームの測定結果がいいのはデータ数が少ないからです。あくまでも参考に!

C値(シーチ)とは

C値がなぜ公表されていないかは後述しますが、まずC値について簡単に解説していきます。

C値は家のすきま量

C値は相当すきま面積を示していて、家にどれくらいのすきまがあるかを示す数値です。式で書くと少し分かりにくいですが、延べ床面積あたりのすきま量を示しています。

C値(相当すきま量)の式

C値が小さいほど高気密といえます。

気密性が高いと何がいいかって言うと、高気密のメリットについては以下の記事でまとめてます。ぜひ参考にしてみて下さい。

C値の注意点

C値は「家全体のすきま」を「延べ床面積」で割っているので、同じすきま量でも延べ床面積が小さければC値は大きくなります。

そのため、以下のようなケースだとC値が大きく傾向になるので注意が必要です。

C値が大きくなりやすいとき
  • 小さい家を建てた場合
  • 平屋を建てた場合

どちらも延べ床面積が小さくなるため、C値は大きくなりやすいかもしれません。

C値は計算できない

さきほどC値は簡単な式で示されていると説明しましたが、実際の家のC値は計算できません。なぜなら家全体のすきまなんて分からないからです。

すきま風はどこからともなくやってくるので、家のすきま量を理論上出すことなんて出来ないんです。

C値は実測する。

C値は計算では出せないので、実測してもらいます。いわゆる「気密測定」というものです。

気密測定は業者に依頼することになると思いますが、一回50,000円程度します。

それは高すぎじゃ・・・

少し高いですが家のC値を把握するには気密測定をしてもらうしかありません。

ハウスメーカーにお願いをして気密測定をしてもらうか、気密測定を実施している業者に気密測定をお願いしましょう。

C値はどれくらいを目指せばいいのか。

基本的には少なくともC値は1.0以下くらいはほしいです。

C値が0.5以下であれば全くもって問題なしです。高気密と言えると思います。

どのくらいC値の目指すべきなのかについては、考え方を以下の記事でまとめています。

ハウスメーカーのC値がなぜ公表していないか。

ハウスメーカーがC値を公表していない理由は3つ。

  1. 国が基準を定めていないから。
  2. ハウスメーカー側が管理するのが難しいから。
  3. 家を買う側に知識がないから。

ひとつずつ解説していきます。

①国が基準を定めていないから。

国は1999年にはC値の基準を定めていましたが、2009年に基準がなくなり、今でも特に基準は定められていません。

国が定めていたC値の基準(1999年)
  • 北海道と一部東北の地域において2.0以下。
  • それ以外の地域は5.0以下。

昔は5.0以下で高気密と言っていたようですがはっきり言って論外です。

しかし、2009年に次世代エネルギー基準が改訂された際に、気密性能(C値)関する定量的な基準が削除されてしまいました。

国(経済産業省・国土交通省)は基準こそ削除しましたが、「気密性能確保は重要であるため十分に注意する」こととしています。

断熱性能UA値の基準を数値化されているのに、C値は数値化されていないのが現状です。

②ハウスメーカーが管理するのが難しいから。

これも大きな理由だと思います。

上述のとおり、気密(C値)は計算ではだせません。家のすきまを計算上出すことは非常に難しいからです。

また、C値は施工する業者(工務店)の腕に左右されるので、どうしてもハウスメーカー側が管理することができないんです。

管理はできないんだ。

  • C値は計算ではだせない。
  • C値は職人の腕に大きく左右される。

ホームページ上でC値を公表しているハウスメーカーは本当にすごいです。それだけ家を建てる技術にも自信があるということなんです。

③家を買う側に知識がないから。

これがいちばん重要だと思います。

わたしも家の勉強をするまでC値なんて知りませんでした。

ハウスメーカーのホームページにもほとんど記載されていないので、もしかすると知らなまま家を建ててしまっていたかもしれません。

これから家を建てるのであれば、C値を測定しているかどうか、どの程度のC値が狙えるかをしっかりと確認することをおすすめします。

ハウスメーカーに質問してみましょう!!

質問①

C値は測定されていますか?

・・・

C値の測定をしていなかったら論外です。

質問②

御社のC値はどれくらいだせますか?

結構いい数字だったと思いますよ〜。

C値を測定しているのであれば、過去の実績をしっかり確認しましょう。あいまいな返事には特に注意です。

夏涼しくて冬暖かい家を目指すなら・・・

夏涼しくて冬暖かい家を目指すのであれば、気密性能だけではなくて、断熱性能や換気についてもしっかりと考えましょう。

換気システムにもこだわろう。

断熱、気密にこだわったあとは換気システムです。

換気システムを一種換気にすれば、熱交換器を通して外の空気を入れることになるので、エネルギーロスを小さくするこができます。

一種換気だと、

  • 夏に換気扇を回しても暑くならない

といった素晴らしいメリットがあります。一種換気についてもぜひ考えてみてください。

とと

換気扇を回しても暑く無いとか羨ましい・・。

とと妻

もわっと暑くなるもんね。

まとめ

ハウスメーカーでもC値はなかなか公表していませんが、実力のある工務店は必ずC値を公表しています。

可能であれば気密測定をして、家のC値を測定することをおすすめします。

C値がないのがスタンダードではなく、C値の必要性をしっかりと理解して、後悔のない家づくりをしてください!!

C値も大切なんだね。

以上

良かったら、ポチッと応援してください。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる