保育園の方針2。ダメとは言わない。

少し前の記事では、保育園の3つの方針?についてかきました。

  • 食事は手掴み食べ
  • おむつは禁止
  • 毎日、山登りをする

でも、それだけじゃないです。子どもの成長に関しては、知識満点の園長ちゃん。もちろん、それだけじゃ終わりません。

保育園の先生は、子どもに対して、「命令や禁止」は禁止されているんです。

子どもの意思を尊重

保育園の先生たちは、子どもがすることに対して、ダメと言って制止することはほぼありません。

園長先生いわく、子どもが何かをしたいのには何かしらの理由がある。それをわかってあげずに、頭ごなしにダメと禁止することはダメだと。

高いところに登っても・・・

これ、めちゃくちゃ大変。例えば、

子どもが高いところに登る。→「落ちると危ないからダメだよ〜」

これよくありそうな光景。でも、これ禁止。園長ちゃんいわく。出来るところまでやらせる。でも万が一の時のためにフォローはする。

どうしろっての?ほんと、先生たち大変だと思う。子どもに怪我をさすわけにはいかないし、でも園の方針でダメと言ってはだめだし。

子ども同士のケンカは?

例えば、子どもが別の子どもをたたく。→「たたいたらダメでしょ」

これも禁止。ほんと園の先生方は大変だと思います。でも、たたくのには理由があって、その理由をちゃんと聞いてあげることが大事。だそうです。「◯◯やったな〜。それが嫌やったなぁ(だから叩いてしまったなぁ)」ってな具合に。

でも、それだけで終わるとたたくことが正当化されてしまうので、叩かれた方の気持ちも代弁。「でも、〇〇ちゃんは叩かれて痛かったと思うよ〜」って。ちゃんと、叩かれた方は痛いということは教える。

自己肯定感と相手を思う気持ちが育む

こうすることで、自分のことをちゃんと見てくれているって気持ちと、誰かをたたくと相手は痛くなるっていうモヤモヤした気持ちがうまれる。この2つが大事みたい。自己肯定感と相手を思う気持ち。

どっちも大事ですよね。自分の娘には自己肯定感を強くもってほしいと思いますし、相手を思う気持ちも大切にしてほしい。

さて、うちの娘はどうでしょう?

ここまで、つらつらと書きましたが、当時のうちの娘(2歳)はどうでしょうか。園長先生を信じ、我が家でもこのスタイルを基本採用。

  • ダメは極力言わない。
  • 娘の気持ちを尊重することを最優先する。
  • ほんとにダメな時もダメとは言わず、ダメな方向に促す。

うん。園長先生の言わんとすることはめっちゃ分かります。でも。

・・・

・・・

めっちゃ、叩いて来るんですけどーー。わたしに。というか私だけに。なぜ?

ばしばしと叩いてきます。「お父さんはダメーーーー」って感じで。

毎日山登って、椎の実をバリバリ食べてるような娘。そりゃ、叩きますよね・・・。

まぁ、自分の気持ちを出せているってことで、よしとします!

良かったら、ポチッと応援してください。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!