UA値とQ値とは?【2つの違いと基準を分かりやすく解説】

こんにちは、ととです。

皆さんは断熱性能を示すUA値とQ値をご存知でしょうか?

UA値って何?Q値と何が違うの?

こんな疑問にお答えします。この記事ではこんなことが分かります。

本記事の内容
  • UA値、Q値とは
  • UA値とQ値の違いは?
  • UA値の基準とは?

どちらも断熱性能を示す数値ですが、大手ハウスメーカーのほとんどがUA値を基準としています。

  • それは国の基準がUA値だから。

しかし、一昔前までは国の基準はQ値でした。なぜ、Q値からUA値に基準が変わったのか。

  • それは省エネ基準を簡便化するため。

UA値はQ値を簡素化したものであり、UA値を見るだけでは十分に断熱性能を判断できないといえます。しっかりとUA値とQ値の違いも理解していきましょう。

それでは早速いきましょー。

目次

UA値とQ値とは

家の断熱性能を示す数値として、UA値とQ値があります。まずはそれぞれの意味からざっくりと説明していきます。

UA値とは

UA値は簡単に言うと、家から熱がどれだけ逃げやすいかを示した数値です。

UA値は小さい方が断熱性能が高いです。

UA値をみると、断熱の良し悪しが数字で分かるんだ!

暖かい家を建てるなら、しっかりと覚えておかないとね。

UA値を式で表すと・・・

少し難しくなりますが、UA値を式で表すと以下になります。

UA値(外皮平均熱貫流率)[W/(m2・K)]

UA値は家の壁や床そして天井から出ていく熱量を家の表面積で割ったものです。

AはアベレージのAです。

式で書くと難しいですが、UA値は断熱性能を示す数値で、小さい方が断熱性能が高い

Q値とは

UA値と似た言葉にQ値があります。Q値もUA値と同じで、家から熱がどれだけ逃げやすいかを示した数値です。

そして、Q値も小さい方が断熱性能が高いです。

Q値を式で表すと・・・

Q値(熱損失系数)[W/(m2・K)]

こちらもUA値と似たような式となっていますがUA値とは少し異なるので注意しましょう。

UA値とQ値の違い

UA値とQ値はどちらも家の熱の逃げやすさを示した数値ですが、厳密に言うと違うものです。

何が違うのでしょうか。大きな違いは3つあります。

UA値とQ値の違い
  • UA値は家全体の表面積あたりの数値。
  • Q値は家の床面積あたりの数値。
  • Q値は換気による熱損失も考慮している。

UA値とQ値は異なる数値のため、UA値とQ値の大小を比較しても意味がありません。

比較するならUA値とUA値もしくはQ値とQ値といった具合で比較しましょう。

UA値とQ値はどちらでみるべきか?

結論から言うとQ値でみたほうがいいと考えています。

なんでだ?

UA値ではみない方がいい理由
  • 換気による熱損失が考慮されていない。
  • Q値を簡素化したもの。
  • 家の凹凸の影響がうまく考慮できていない。

UA値はQ値を簡素化したもの

家の主な熱損失は大きく3つあります。

家の主な熱損失
  1. 外皮(天井、床、壁、窓)からの熱損失
  2. 換気による熱損失
  3. 漏気による熱損失

このうちQ値は①と②をカバーしているの対して、UA値は①しかカバーされていません。

UA値は換気による熱損失が考慮されていないので、Q値と比べると簡素化されているということになります。

UA値は家の凹凸をうまく考慮できていない。

UA値は熱損失を家の表面積で割っているので、家の凹凸が大きいと表面積が大きくなり結果としてUA値が小さくなってしまいます。

本来であれば、家の凹凸が大きいと熱損失も大きいため、UAも大きくならないとダメです。

しかし、家の表面積も大きくなるので、凹凸の影響がキャンセルされてしまい、凹凸の影響がうまく数値として出にくくなっています。

なんか難しいこと言ってるね。

家の凹凸がうまく反映されていないんだよ。

国の基準はUA値

しかし、現在、国が定めている次世代省エネルギー基準ではUA値で基準化されています。そのため、ほとんどのハウスメーカーもUA値で管理されています。

もともと国の基準である断熱等級はQ値で基準化されていましたが、現在ではUA値で基準化されるようになりました。

これについては東京大学の前准教授も言及されています。

省エネ基準の簡便化のため導入された側面が強く、UA値だけみていても暖房熱負荷を効果的に減らせるわけではない。

エコハウスのウソ2

やっぱりUA値だけはだめなんだね

このことからもQ値で見た方が良さそうですが、国の基準がUA値なのでUA値が普及しているのが現状です。

UA値の基準

では実際にUA値はどのくらい必要でしょうか?国が定めた基準では以下のようになっています。

次世代省エネルギー基準

出典:IBEC

だいたいは0.87くらいだね。

大手ハウスメーカーであれば、上記をクリアしているところがほとんどですが、暖かい家を求めるのであれば次世代省エネルギー基準だけでは不十分です。

次世代省エネルギー基準だけでは不十分

家の中がなんか寒い・・・。
足元が冷える・・・。
なぜだ?

こんな悩みをクリアするには断熱と気密の両方をしっかりとみていかないといけないんです。

UA値は計算で出してもらおう。

気密性能を示すC値は実測してもらいますが、UA値は計算で出してもらいましょう。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

暖かくて快適な家を建てるためにUA値にしっかりとこだわりましょう。

UA値、Q値とは
  • UA値とQ値は熱の逃げやすさを示したもの
  • どちらも小さい方が断熱性能が高い
  • 国の基準はUA値
  • 暖かい家を建てるにはしっかりとUA値とC値をみるべき

以上

良かったら、ポチッと応援してください。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる