ウッドショックとは?

今、住宅業界で話題沸騰のウッドショック。ウッドショックが生じた背景、ハウスメーカーの値上げ状況など解説していきます。

ウッドショックってなんで起きたの?
ハウスメーカーの値上げ?
いつまで続くの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • ウッドショックとは
  • ウッドショックの原因
  • ハウスメーカーの値上げ状況
  • ウッドショックはいつまでか?

それでは早速いきましょう

目次

ウッドショックとは?

木材の価格高騰を意味するウッドショック。今、住宅業界では木材の価格高騰、さらには木材の調達困難な状況が続いています。

業社さんも木を買いたくても買えないんだ。

ウッドショックの原因

ウッドショックの発端はコロナと言えます。そこから波及し、さまざまな要素が絡み合って木材の価格高騰につながっています。

ウッドショックの原因は3つあると言われています。

ウッドショックの原因
  • アメリカの住宅ブーム
  • コンテナ不足
  • 日本の木材は70%が輸入

アメリカの住宅ブーム

アメリカではバイデン大統領の政策により歴史的な超低金利となっています。さらに、コロナ禍で郊外へ移住している人も増加し、今、アメリカでは空前の住宅ブームが到来しています。

もともと、日本と違ってアメリカではライフスタイルの変化に合わせて、住宅を売却、購入を繰り返します。日本では考えられないですが、住宅の資産価値が高く、売却益がある程度見込めるこらこそできる、家の乗り換えです。

日本だと買って住んだら、資産価値が半減。それどころか、ほぼゼロになるのでアメリカみたいな家の乗り換えは出来ないですよね。

そして、アメリカの株は超絶好調。コロナ禍で政府がお金をジャブジャブ出しているので、アメリカの株価指数であるS&P500も最高値を更新中です。

S&P500は日本で言う日経平均株価みたいなものです。

超低金利 ✖️ 住宅の乗り換えスタイル ✖️ 株価の好調

この3つが重なり、アメリカでは空前の住宅ブームが起きているんです。

わたしもアメリカ人なら住宅購入を確実に検討していると思います。

コンテナ不足

アメリカの住宅ブームだけでなく、コンテナ不足も大きな問題です。コンテナ不足。つまり、アメリカから日本行きのコンテナがなく、木材が海の経路で運べない状態にあるんです。

  • なぜコンテナが不足したか?

2020年、コロナの影響で世界的に物流、貿易がストップし、アメリカから出るはずのコンテナ船も出られない状況が続きました。

そうなると維持費が払えず、やむ無くコンテナを手放す貿易業社が増えていき、コンテナが手薄な状態になってしまっていたんです。

そのような状況下で、コロナの巣ごもり需要が急激な増え、日用品などの生活物資を運ぶコンテナ船が必要となり、コンテナの取り合いが始まり、コンテナ不足につながってしまいました。

また、アメリカも中国への貿易を優先しているので、日本へのコンテナ船がない状態が続いています。日本は完全に後回しです。日本へ輸出するより、中国へ輸出した方が儲かるんでしょうね。

日本が後回しとか寂しい。

日本の木材は70%が輸入。

日本の木材自給率は3割です。ほとんどが輸入に頼っているのが現状なんです。輸入に頼りすぎているので、海外の影響をモロに受けているわけです。

海外の木材の方が安いので、仕方ないですよね。

  • 日本の木は使えないのか?

単純にそう思いますよね。日本には森がそこら中にあるから、その木を切ればいいじゃないかって。

それがなかなか難しいんです。そこらへんに生えてる木って、枝が無数に生えてたり、真っ直ぐ生えていなかったりといわゆる「使えない木」なんです。

また、木は切って植えてから切るまで30〜50年サイクルで行っているので、一時期の需要増を理由に伐採する木を増やしてしまうとサイクルが崩れてしまい、大きな問題となります。

このウッドショックも一時的なのものなのか、それとも今後しばらくの間つづく恒久的なものなのか、今の段階では判断が難しく、設備投資などにも踏み切れない業者さんも多いんです。

ウッドショックはいつまで続く?

今のところ、いつまで続くかは分からない状況です。政府もこのウッドショックが一過性のものか判断が難しいようです。

なかには数ヶ月たてば落ち着くという意見や数年は続くと見込んでいる関係者もいます。

ハウスメーカーの値上げ状況

大手ハウスメーカーも坪単価で2〜3万円の値上げが決まっています。注文住宅の住宅面積の全国平均が約38坪なので、家1棟あたりで76〜108万円の値上げです。

何もしてないのに100万円も損するとか考えられないですよね。でも、契約のタイミングによっては営業マンから値上げの申し出を受けている人もいるみたいです。

まとめ

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

まだまだ、ウッドショックは続いている状況なので、ハウスメーカーの値上げ情報などは随時アップしていく予定です。

以上

良かったら、ポチッと応援してください。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる